簡単に可愛く♡ハーフアップアレンジのやり方5選

更新日:2022/12/24
美容室社長中村英二

人気のヘアアレンジ、ハーフアップのやり方をトップスタイリストのJUNPEIさんに動画と写真で詳しく紹介してもらいます。10分以内で完成する簡単で大人可愛いハーフアップから、りぼん型、お団子アレンジまで。明日から真似したくなるスタイル、全5パターンです。

今回のインストラクター

Anphi矢向店 JUNPEI店長

美容師歴17年。Anphi矢向店の店長。複数店を経験し、Anphiの創業メンバーとして長年サロンを切り盛りする縁の下の力持ち。得意な施術はカラーとヘアアレンジ。個人発信にも力を入れ様々な取り組みを行う。

簡単シンプルハーフアップ

所要時間 約10分
ピン アメピン2本
ゴム シリコンゴム1本

まずご紹介するのは、簡単にできるシンプルなハーフアップです。ちょっとしたお出かけなど、普段使いに◎

手順

バックの毛は取らずに、サイドハチ上の毛をゴムで一つに結びます ❶を1回くるりんぱしましょう サイド、トップの毛を軽く引き出します

毛を軽くつまむイメージで、少しずつ引き出してください。

残ったサイドの毛を捻って、真ん中の隙間に上から入れます 先程のくるりんぱの部分に結び付けましょう

結ぶ時は、髪を入れる方向を注意して下さい。まず上から入れて、次にサイド方向から入れて結んでいます。

❺で結んだ部分をピンで固定します。反対サイドも同様に行ってください 毛先をコテで巻いていきます。今回は32mmを使用 巻いたところを手とコームで軽くほぐしておきます 最後はスプレーでふんわり固めたら完成です

毛先は毛束を細かく分け取って、束毎にコテで巻いていきます。そうすることで華やに仕上がりますよ。

動画でチェック

本当にものの8分くらいでできちゃいましたね!

くるりんぱを使ったハーフアップ

所要時間 約12分
ピン アメピン3本
ゴム シリコンゴム3本

先ほどよりも、もう少し華やかにしたい方におすすめなのが、こちらのくるりんぱを使ったハーフアップです。両サイドをそれぞれ2回くるりんぱしているだけですので、慣れれば10分以内に仕上げられます!

手順

バックトップをゴムで結びます 髪の毛を少しずつつまむようにして引き出しておきましょう 後毛を残してサイドを耳後ろ辺りでゴムで結びます ❸を連続して2〜3回くるりんぱ ❹を真ん中のゴムを超えた所、ゴム付近でピニングしましょう 反対側も同様に行い、ピニングします

くるりんぱした箇所の髪の毛も、バランスを見て引き出しましょう。きちっとしすぎず、ほどよく崩すのがこのスタイルのポイントです。

一束取ってゴム隠しをしましょう 毛先をコテで巻いていきます。今回は32mmを使用 巻いたところは軽くほぐして、スプレーでふんわり固めたら完成です

くるりんぱだけで、こんな風に凝った感じのスタイルになるんですね!

動画でチェック

アレンジではゴムは全て隠すのが鉄則

ヘアアレンジの時、ゴムは全て髪の毛で隠すのが鉄則です!ゴムが見えたままと隠すのでは、おしゃれさが全く違いますよ!

簡単リボンハーフアップアレンジ

所要時間 約10分
ピン アメピン3本
ゴム シリコンゴム2本

「今日はとにかく可愛く!」というティーン世代のお客様に人気なのがリボンハーフアップ。間違いなく主役になれるヘアスタイルです。

手順

耳上2cmくらいを残し、耳上ラインを全てまとめてゴムで結びます ❶のゴムの位置からこぶし2個分くらい空けてゴムで結びましょう 1回くるりんぱします 根元のゴムのところに近づけ、リボンの根元をゴムで留めます
ゴムで留めた所をピンで固定します リボンの形を整えましょう 残ったテールを三つ編みにします ❼でゴム隠しをします。アレンジスティックなどを使って真ん中で抜きましょう

アレンジスティックは1本持っておくと便利です。百円均一ショップで購入できます。

❽をピンで留めて固定します リボン部分は崩れないようにスプレーで固めておきましょう 毛先をコテでしっかり巻いて下さい 指やコームで、巻いた部分を軽くほぐしたら完成です

今回のスタイルの場合は、トップやリボン部分などの髪の表面の毛をあまり引き出さないようにしてください。

動画でチェック

お団子ハーフアップアレンジ

所要時間 約15分
ピン アメピン5本・Uピン5本
ゴム 黒ゴム1本

続いて、お団子ハーフアップをご紹介します。今回は華やかに大きめなお団子にしました。お団子の大きさによってイメージは大分変りますので、なりたいイメージに合わせて、取る髪の毛の量を調整してくださいね。

手順

耳上の髪を全て顎ライン上トップにまとめ、黒ゴムで結びます 結んだ髪の毛を全体的に少しずつ引き出しておきましょう テールの3分の1程を捻ります ゴムに巻きつけてピニングしましょう

お団子の毛先はアメピンでトップに固定します。今回のように髪の毛が長い場合は、お団子の途中とちゅうでUピンでも固定しましょう。Uピンの挿す位置は、下の動画を参照して下さい。

残ったテールの半分を、先ほど同様に捻りながら巻き付けてピニング 残りのテール部分も同様に行い、大きなお団子を作ります
足りないところはピンを足します お団子の形を整えておきましょう 毛先をコテでしっかり巻いて下さい 巻いた部分を軽くほぐし、スプレーでふんわり固めたら完成です

今回はテールを三等分にしてお団子を作りました。髪のボリュームや、作りたいお団子の大きさに合わせて変えてください。

動画でチェック

ハーフアップのオーダー時、お客様は具体的なイメージはなく、「ハーフアップにして下さい。」とだけおっしゃる方が意外と多いです。

なので、スタイリストから提案できるように、いくつかパターンを覚えておくと便利。ゆるふわお団子も好評ですので、ぜひやってみて下さい。

お団子の位置が高めで、かつほどよく崩れているので、カジュアルな服装の方にも似合いそうですね。

ボリュームたっぷりもこもこハーフアップ

所要時間 約15分
ピン アメピン6本
ゴム シリコンゴム1本

最後にご紹介するのは、ねじりを重ねて作るハーフアップです。サイドとバックサイドに分けて、ねじりを全部で4つ合わせることで、もこもこボリューミーなハーフアップになります。

手順

表面を26mmのコテでベース巻きします 巻いた毛をほぐしておきましょう バック表面をゴムで結びます トップの髪の毛を少し引き出しておきましょう

ベース巻きの際は、コテは26mmがおすすめです。

バックサイドとサイドに二等分にし、バックサイドをねじりながらバックのゴムを超えたところでピニング 反対側のバックサイドも同様に行います 続いてサイドも同様に。抱き合わせるように、左右交互に進めます

左バックサイド→右バックサイド→左サイド→右サイドと、左右交互に進めてください。

反対側のサイドも同様にピニングします 気になるところは追いピンをしましょう 毛先を32mmのコテでしっかり巻いて下さい 巻いた部分を軽くほぐし、スプレーでふんわり固めたら完成です

垂れている毛先を巻く際は、コテは32mmを使っています。

ベース巻きの時と毛先巻きの時でコテの太さを変えているのは、何か理由がありますか?

そうですね。基本的に、ヘアセットのベース巻きは26mmがおすすめです。

今回毛先を32mmにしたのは、毛先にかなり長さがあり26mmだと細かくなりすぎてしまうためです。お好みにもよりますが、巻く面が広いダウンスタイルの場合は32mmの方がほどよく仕上がりますよ。

動画でチェック

結婚式のお呼ばれにも良さそうなアレンジですね。

今回のヘアアレンジで使った道具

それでは最後に、今回のヘアアレンジでJUNPEIさんが使った道具をご紹介します。

クレイツ カールプロ SR 32mm

ハーフアップの毛先巻きの際には、クレイツのカールプロ32mmを使用しています。シニヨンなどのベース巻きする時は26mmを使っています。

フレックスドライ パドル ブラック

パドルブラシはWetBrushを使用。ブラシ面が大きく、たくさんの髪をキャッチしてくれるので、スピーディーに作業ができます。主にラフや崩しめのヘアアレンジをする時のブラッシングや、はじめにゴムで束ねる時に使っています。

プリンプ ファイナルコーム

コームはセット用のプリンプファイナルコームを使用しています。フィンガージャックが持ち易く、使い勝手が良いです。普通のリングコームよりはキメが細かめなので、巻いた後のコーミングの時に毛束がほど良くほどけてくれます。

ルベル トリエ スプレーLS6

トリエのLSスプレーはワックスタイプで、そこまで硬くしすぎずに、ほどよくキープしてくれます。毛流れや毛先の動きをキープしたい部分にスプレーしながら、手ぐしや指先で軽くカタチを整えます。コーミング時もあまり邪魔しません。

クフラ リッジカールスプレー

カールがかかりにくい髪を巻く前に使うのがこのクフラのリッジカールスプレー。吹きかけてから巻くと、コテの熱から髪を守り、カールをしっかりキープしてくれます。

ヘアゴム&ヘアピン

今回使ったヘアゴム、ヘアピンはこちら。写真左から、シリコンゴム、黒ゴム、ネジピン(Uピン大)、アメピンです。

アレンジスティック

ゴム隠しで何度も使用していたのがこちらのアレンジスティック。「くるりんぱスティック」とも言います。ネットはもちろん、100円均一ショップでも手に入りますよ。

今回はハーフアップのさまざまなアレンジ方法を紹介しましたが、やってみたいスタイルは見つかりましたか?ぜひ、動画や写真を参考に、ご自身でチャレンジしてみて下さい!

JUNPEIさんのヘアアレンジのやり方講座は、ポニーテールやシニヨンなど、他にもありますので、そちらも合わせてご覧ください。

この記事を書いた人

中村英二

神奈川・東京に大型美容室Anphiを複数店舗展開する会社、株式会社イーグラント・コーポレーションの社長。「美容師ファースト」を掲げ、日々より良いサロン創りに奮闘中!

関連記事